ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

何となくだが、

私は、全盛期が過ぎてしまったかな、と思うのだ。

 

佐野君「はあ?またいきなりですが、どういうことでっか?」

 

実はな、私の人生には、今まで2回全盛期があってな。1回目は、大学に入ってからの、約2年間だ。この時は、今から振り返っても、かなり凄かった。授業をさぼって、サークル、バイト、読書、映画などにどっぷりのめり込んでいた時期だ。いや、私は割と、人生の大方において、かなりテンションの高い生き方をしてきているのだが、やはりこの頃は、凄い。時速300㎞のジェットコースターに乗って、毎日を過ごしているような時期だった。

 

ライト君「危ないですね。大丈夫だったんですか?」

 

大丈夫じゃなかった。その反動というものは、やはり凄かったんだな。だが、この時の私が、今の私を形成している、と言っても過言ではない。

 

ロジャース君「2回目はいつですか?」

 

私が建築の世界に入って、3年半建設現場で自分を磨いていた時だ。つい最近だな。この時の私も、なんだか神懸っていたな。建築経験ゼロの私が、建設現場で縦横無尽に駆け回り、次々と仕事を遂行していった。あの時の仕事の遂行度を金銭に換算すれば、物凄い額になるのではないか、とも思うんだが、所詮は建築素人の、派遣や下請けの身。給料のアップになんて繋がらないんだな。それにいい加減嫌気が差して、その会社を辞めてしまったんだがな。それで今に至るわけだ。

 

ピアノ君「3回目は来るんですかね~?」

 

わからない。が、来る気はする。が、あまり来て欲しくもない。この2つの時期は、確かに振り返れば、物凄いことをしていた時期なのだが、それと共に大きな痛みを伴った時期でもあったのだ。人間、生きていれば、必ず痛みを伴うものだが、それの度を越してはいけない、と思うのだ。特に私の場合は、周囲の人を巻き込んで、物事を遂行していく、という気質があるために、周囲の人にも、そういう痛みを感じさせてしまうのだな。これは全く良くない。

 

ハディド君「そうは言っても、仕事ですもの。周りの人を巻き込んで仕事をしていくのは、当然ですわ。そんな人、いくらでもいますよ。」

 

ん~、そうか。まあ、そうは言っても、そういう一生懸命な時期は、楽しくもあるのだがな。粋な努力をタダで売る、というのは、やはりなかなかに乙なものだぞ。

 

前川君「はあ、そうですか。でも、先生ぐらいの歳になったら、そうも言ってられないんじゃないですか?」

 

そうなんだよな。仕事というものは、結局「楽しさ」とか「やりがい」よりは、「お金」が重要なんだな。自分を犠牲にしたからって、お金が入るわけじゃない。努力したからって、お金が入るわけじゃない。問題は、いかに「お金」に愛されるか、ということだ。

 

ローエ君「どうやって愛されればいいんすか?」

 

まずは、「お金」を愛することだな。

 

ローエ君「俺は、「お金」、愛してるっすよ。」

 

じゃあ、その次は、「お金」とどう付き合っていくか、常に考え続けることだ。

 

ハディド君「…先生。そんなことでお金が入ってくるとは、思えませんが?」

 

入って来なければ、手持ちのお金をどう増やすかを、考えればいい。手持ちのお金が無くなったら、とにかくお金を手に入れなければならない。実に流動的なのだよ。

 

前川君「なんか、役に立つような、立たないような…。」

 

まあ、一言で言えば、一攫千金など、夢見ないことだ。試しに、宝くじで一億円当ててみると良い。後に振り返れば、きっと10万円ぐらいの価値しかなかったと、気付くだろう。

 

ブオナロッティ君「…今日の授業は、経済学ですか?」

 

いや、建築学だ。お金に関することは、建築でもかなり重要な意味を持つ。君たちも、お金のことは、常に真剣に考えるように!では今日の授業はこの辺で!