ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

久々に、授業を再開する。

アアルト君「勝ちましたね~、浦和学院。」

 

ああ。試合に勝って、勝負に負けた。

 

ハディド君「は?」

 

いや、何でもない。まあそんな昔のことは、もういいのだ。君たちにも言いたいのだが、昔のことばかり気にしてないで、未来に目を向けるのが、重要だぞ。

 

ライト君「はあ。」

 

ところでだ。私は今、非常に困っている。うちのヘチマがしおれかかっているのだ。

 

ローエ君「水をあげればいいじゃないすか。」

 

それがな、このヘチマがへちゃむくれでな。栄養分をたんまり溶かした水じゃないと、元気になってくれないのだ。

 

ハディド君「そんなヘチマありませんよ。ただ水をあげればいいんです。塩でも溶かしたんじゃないですか??」

 

う、まあ、思い当たる節が無いでもないが…。ただな、私はこのヘチマに、それほど期待してないのだ。どちらかと言えば、隣の家の庭のトマトやキュウリに目が行ってしまう。

 

ピアノ君「ヘチマ君が、かわいそうです~。」

 

なんというかね。そのヘチマは、ちょっと勘違いしているのだ。ヘチマは、キュウリやトマトと違って、食べられないだろ?そんなヘチマに熱心に水をやり続ける育て主というのは、この世にはごく少数しかいないのだ。いや、いないと言ってもいいかもしれない。

 

ロジャース君「先生は、それでも水をあげる人だと思っていましたが?」

 

そこが、辛いのだ。私は、一般の人間だ。自分の得になる、と思うものにしか、結局水は与えないのだ。しかしそのヘチマには、昔ついうっかり水を与えすぎてな。そのヘチマは、人間というものは、無償でこんなにも水を与えてくれるものなのだ、とインプットされてしまったらしい。だから、無償で水を与えてくれないごく普通の人間に、うんざりしてしまうようなのだ。

 

前川君「それで、先生はそのヘチマを、どうするんですか。」

 

実はな、うちの庭に今生えている植物は、ヘチマしかないのだ。だから、水をやるかもしれない。ただ、今はそうだ、というだけだ。そのうち、スイカやメロンの種を植えるかもしれない。そうなったら、ヘチマには、水をあげなくなるかもしれない。

 

ピアノ君「うう…。ヘチマ君の人生って一体…。」

 

ただな、このヘチマは、根性だけは凄いのだ。どんな雨嵐に会っても、ここまで生き延びてきた。この根性は、私は大いに評価している。

 

ハディド君「全く、勝手な人ですね!」

 

いや、すまん。私は結局、こんなものなのだ。ただ、長年私の庭に居続けてきた、ということで、愛着があるのは確かだ。変な期待をされているのがちょっとばかし辛いが、元気な姿が見られるのは、嬉しいことだと思っている。

 

ピアノ君「うう…、ヘチマ君…。」

 

おっと、今日はなぜか、ヘチマ話になってしまったな。次回はちゃんと授業するからな!ではまた!

 

 

 

一同「嘘だぁ~。」

 

 

(終わり)