ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

私の昔のブログを、見てみた。

完全なる手前味噌だが、いい文章を、書いていた。その文章に感じ入ると同時に、そのブログを書いていた頃のことを、思い出していた。…人の気持ちの解らない奴だったと思う。完全なる自己中で、相手にどんな不快感を与えているか、とか、そういう想像力を、全く持ち合わせていなかった。本当に恥ずかしい奴だったよ…。

 

ハディド君「でも、いい文章書いてたんでしょ?」

 

そうなのだ。あんな文章、今では書けないと思うのだ。瑞々しくて、センシティブで。今の私とは、別人格のようだ。

 

ライト君「まあ人生には、段階ってものがありますからね。人はどんどん変わっていく生き物です。」

 

…君、本当に高校生かね?ただ、今も書きたい欲というものは、あるのだ。ただ、題材が無くてね。…私は、ちょっと前に、少しだけ『建築インプロヴィゼーション』というブログを書いていた。…再開してみるか…。…多分…、あんまり面白いものになりそうな気はしないんだが…。

 

ピアノ君「せんせ~い、最初っからそれじゃあ、いい文章になりませんよぅ。」

 

うむ、そうだな。…ちょっとばかし…、やってみるか。君たちも、気が向いたら見てみてくれ。今のレベルで書けることを書いていこうと思うぞ。

 

ハディド君「先生、三日坊主にならないで下さいね。」

 

う、うむ。出来るだけ続けてみることにする。じゃあ、今日は終わり!