ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

参ったなあ。

焦ってもどうしようもないし、焦っても上手くいかないのわかってるし。私の欠点は、周りのスピードに合わせてるようで、やたら速いスピードで駆け抜けてしまうところなんだよな。ただ、「建築」のいいところは、一夜漬けじゃどうにもならないところだ。私は敢えて、人生を捧げる仕事に、いつまでも終わりの来ない仕事を、選んだ。それだけに、私の仕事のピークは、人生の後半だ。…待てるか?

 

ロジャース君「誰に言ってるんですか?先生。僕らは、30歳頃には、自分たちのスタイルを築くつもりですよ。で、有名になって、世界中を飛び回るんです。」

 

…私はもう、34だ。始めたのが、遅すぎるのだ。しかし、始められた。始めたからには、最期までやるつもりだ。…そうか。周りのスピードに合わせてるようで、今まで通り、やたら速いスピードで駆け抜ければいいのか…。

 

ピアノ君「その意気ですよ、先生。環境なんて、どこへ行っても大体同じです。今いる環境で、とにかくやっていけば、そのうち何とでもなりますよ。」

 

おお、ナイスアドバイス。どうも私は、人間的な成熟が、早いんだか遅いんだかわからないところがあるんだよな。君たちは、早くから自分の道を見つけている。そういう君らのことが、時々羨ましくなる。しかし、私というものは、私でしかない。人を羨んでも、どうしようもないことなんだな。

 

サーリネン君「先生、なんかもがいてますね。喋りたいことがあるなら、喋っちゃってください。」

 

いや、大丈夫だ。そこまでではない。しかしなあ、私は一人で生きているのではなくてな。それを考えると、どうしても気持ちが急いてしまうのだ。いや、大丈夫なんだけどな。

 

ハディド君「先生が速いスピードの人だと知っている人なら、敢えて急かさないでしょうよ。多分ね。」

 

うーむ。まあ、結論を出すと、何かをすることだな。もがくのは、パワーが有り余ってる証拠だ。長かった運転免許の勉強も終わったことだし、何か新しいことを始めてみるか。幸い、明日から2連休だ。これからどんなことに取り組んでいくか、じっくり考えてみよう。こんな感じだが、今日は終わりにさせてもらおう。また次回な!