ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

試しに、

君たちに質問というものをしてみるか。君たちは、親元に住んでいるのかね?

 

ライト君「大抵の高校生は、そうだと思いますよ。まさか、自分で設計した建物に住んでる生徒がいるなんて、思ってるんじゃないでしょうね?」

 

いや、もしかしたら、そんな志の高い生徒もいるかな、と思ってな。そうか、みんな親元か。どうだ?住み心地はいいかね?

 

サーリネン君「悪くは、ないです。普通に。」

 

そうか、それは良かった。今回の授業は、これだけだ。

 

佐野君「先生、明らかに僕からの突っこみを待ってますね。それにしても、早すぎですやろ。」

 

どうもな、最近、受け入れがたい事実というものが、頭の周りをぐるぐるしていてな。そうだとすれば、それなりの対応をしよう、だとか、もうやめよう、とか、ぐるんぐるんなのだ。ぐるぐるしてたら、お腹もぐるぐるしてきたな。それでは、食事たーいむ!

 

一同「わーい。(なんて楽な授業なんだ!)」

 

(おしまい)