ラブルースト先生の建築教室

将来の仕事に迷っている中学生や高校生に、「建築」という仕事はどう?と勧めるためのブログです。

ル・コルビュジェ先生について。

さあ、3回目の授業です。

 

今回は、私が建築の仕事をするきっかけの一つとも言える、ル・コルビュジェ先生のことについてお話します。

 

ル・コルビュジェという名前、皆さんは聞いたことがありますかね。建築の世界では、世界一有名なお人です。でも、建築外の世界では、ほとんど知っている人がいません。同じ芸術でも、美術や音楽と比べて、建築という分野は、大分マイナーなようです。

 

ついこの間、上野の国立西洋美術館が、世界遺産となりましたね。あの建物を設計した人こそが、ル・コルビュジェ先生だったのです。

 

 

私の、ル・コルビュジェ先生との出会いも、上野の国立西洋美術館でした。3年程前の頃、この美術館で、ル・コルビュジェ展をやっていたのです。実は彼は、建築家であると同時に、美術家でもありました。その時やっていたのが、彼の美術作品の展示だったわけですが、私は、ル・コルビュジェという名前自体初耳で、なんの前知識もなくふらっと中に入っていったわけです。

 

そこで、私は撃ち抜かれました。彼の絵は、「現代美術」という括りになろうかと思います。私は当時から、現代美術というものに惹かれていて、その曖昧な絵から、「いったい何を描いているのだろう。」と想像する作業を、とても魅力的なものと捉えていたわけです。で、そのル・コルビュジェ先生の絵は、なんとも想像力を掻き立てる絵だったわけです。どストライクでした。美術館で売っていた、展示作品集も、迷わず3,000円出して買ってしまいましたよ。で、その約1年後に私は、建設業界に入るわけですが、その後です、私が彼が建築の人だということを知ったのは。

 

驚きましたよ。あの時胸を突き抜かれたあの人が、自分のいる世界の頂点に君臨する人なのだということが分かったのですからね。運命的なものを感じずにはいられませんでした。彼が国立西洋美術館を設計したのだということもその時知り、2重にびっくらたまげました。はぁ~、そういうことだったんやね、という感じでありましたよ。

 

その後、彼のことを書いた本などを買い、少しずつ彼の正体が明らかになっていくわけですが、私は、彼の建築作品も、本当に魅力的なものだと感じました。「ロンシャンの礼拝堂」などは、彼の代表作なのですが、曲線を多く用いた、何となく捉えどころの無い外観の中に、何とも均整の取れたバランス感を感じたわけです。ちなみに言うと、彼は、人体の寸法と「黄金比」を基にした独自の尺度、「モデュロール」というものの提唱者で、これを用いれば、人が動きやすく、かつ、美しい比例関係を持った寸法の、空間や家具が作れる、というものでした。彼の作品にも、「モデュロール」が、至る所に隠されているのです。

 

 

彼のことについては、今後も度々私の授業で登場することかと思います。まずは、彼の紹介を兼ねて、私とル・コルビュジェ先生との出会いについて述べました。とにかくいろいろな側面を持ったお方で、私などは、興味が惹かれっぱなしなのですが、まあそのことも含めて、少しずつお話していきます。

 

皆さんも、現在の人に限らず、色々な人との出会いというものを、大事にしていって下さいね。それでは、また次回。